スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れられない一日

2011年02月28日 17:00

昨夜、ある方のライブを観に出かけました。


IMG_1548.jpg






IMG_1549.jpg



近藤智洋さん。


このブログにもバンド名や曲名がチョイチョイ登場している、

PEALOUTというバンドで以前活動されていた方です。



オレは個人的にものすごく大好きで、

その影響を多大に受け

ほぼリアルタイムで、盛り上がりの時期から解散まで追いかけたバンド。





ご存じない方のために、現在の近藤さんはコチラで、











かつてのPEALOUTはコチラ













そんな近藤さんが、普段自分も出ているベルズに来るということで

勝手に運命を感じ(笑)



PEALOUT解散以降では初めて、近藤さんを観に行きました。。。




ライブ中も目の前でガン見(笑)



いくつかのバンド名義でも活動されてますが

今回は弾き語りと、最後にNOWHEREさんとのセッションバンド。



どちらも素敵でした

プラス、

弾き語りでのアコギがとても上手かった。。。

いい音してて、「歌い手にしか弾けないギター」弾いてらっしゃいました

柔らかかった、羽みたいな音してた。




近藤さん変わってなかったな、もちろんいい意味で。

人柄が出てるんだよな






・・・・・で、




全バンド終了後、




めったにないので、当然、お話しできるチャンスを狙ってみる(笑)



そして物販席に近藤さん登場!




獲物を狙うがごとく順番待ち!




そして、目の前で話しかけるも、


オレ、ド緊張!(笑)



とっさに出てきた言葉が


『ホント大好きっす


・・・かなり怪しかったと思う






で、DVDを購入したら


IMG_1551.jpg


快くサインしてくれまして、




さらに、あつかましくも


PEALOUT時代の一番好きなCDを持っていったところ





IMG_1552.jpg


これにもサインを!


しかもPEALOUT時代のサイン


感涙です







あつかましついでに、


UqularihiのCD渡してきました(笑)



でも、これって本当にすごいことだと思う。



『自分が大好きで昔から音を聴いてきた人』に

『自分の作品を渡せる』という

少なくとも初めての経験。



きっと近藤さんも経験したことだと思うし、

それが巡って・・・・的な。



すごいよ。





最後に




0227_300.jpg


写真まで撮ってもらいまして(笑)


オレ、興奮と緊張で鼻の下伸びきってます


(ちなみに撮ってくれたのは、その場にいた某ベルズバンドのベースさん。。。あざーす
 写真載せていいかは近藤さんの許可いただきました




そして握手していただいて帰ってきました




会話は思ってたようにできなくても、企んでたことは・・・全部達成(笑)




自分の感謝と感激の気持ちは伝えられたんじゃないかと思う。





全てにホントに優しく対応してくださった

近藤智洋さん、

本当にありがとうございました!






『音楽好きで良かった』という一日。










俺が思ってる『近藤智洋』という人は



今も昔も、音楽に対し本当に誠実で。

大きく見せたりすることなく、飾ってなくて等身大。

そして何より、優しさにあふれてる。

音楽・音にそれがにじみ出ている。





そんな人に

ワタシモナリタイ。。。



スポンサーサイト

The Clash

2010年11月19日 23:29

男だったら『The Clash』。。。



バンドマンには特に好きな人が多い



ホントに軽くですが、俺なりの思いを。









俺的には初期のガレージ期の音より


どんどん雑食になっていった「Sandinista!」、「Combat Rock」辺りの中後期の方に


やられました



もちろん「London Calling」にも。








『音』の変遷、


ルックスも含めての「進化」していった過程に


俺は



『ロックバンド』を感じます







ギター的には、Gu.ミックのそれよりも


Vo.ジョーストラマーの、ザクザク刻んでいくリズムギターが好きだった。


テレキャスターに憧れた。







あと、





Vo.ジョーの歌う曲だけでは暑苦しく&男臭くなってしまうところを、



Gu.ミックの歌う曲がうまく中和してた感じで。。。



ミックのポップな声も非常に好きだった。






ルックス含め、俺にはバンドのバランスが完璧に見えた。







俺がThe Clashを知った時には



The Clashはとっくにいなかったけど



夢中になった時期から



部屋のCD棚の前面にずっと居座りっぱなし。。。










2002年12月にジョーストラマーが亡くなり


その知らせが日本に入ってきて、俺が知ったのが12月24日。。。


クリスマス的な雰囲気のその一日、


ホントどうでもいい気分になったのをよく覚えてる。








・・・・余談ですがー、



俺がライブやる時、リハーサルで



必ず弾くのが「Should I stay or Shoud I go」のイントロのリフ



開放弦が多いのでチューニングが合っているか分かりやすいためと、



あとはゲンかつぎ









そんなわけで





The Clash 好きな曲3曲 (たまたま浮かんだので順不同)








・「Police On My Back」・・・・・ミックの歌声が素敵。








・「Rock The Casbah」・・・・・・PVも好き。








・「I Fought The Law」・・・・・文句なし!














David Bowie

2010年02月10日 03:03





ワタクシは David Bowie好きであります。



画像-0007




アルバム「Hunky Dory」。


自分自身が関わったバンドのCDを除けば、


一番好きなCD。



全曲ステキ。






最近も




↓ 














この動画を見て









画像-0014





このDVDを買っちまった。



リアリティ・ツアー。





このツアーの日本公演、武道館まで一人で観に行きましたわ。










ちなみに、



上の動画の時点で、この方、56歳!



超若い。



現在は60歳を超えてらっしゃいます。。。










この人の何が好きって、




曲がどうとかもそうだけど、






アルバムごとに全く違う音楽性になったり、




新しいモノに積極的に飛びつく、




姿勢






その時々の自分の欲求にすごく素直なんだろうな、



と、俺の目には映るし。





無理矢理新しいことやってる感が、(俺には)見えない。





言い方変えると、ミーハーなのかもしれないけど。





そういうアンテナを



ずっと張り巡らせている証拠だと思う。




年をとってもそれを維持するのは、本当にスゴイことです。








昔の、


「Hunky Dory」 や 「Ziggy Stardust」 の頃ももちろん好きですが、



2000年前後からのアルバムも好きです。



「Earthling」 とか 「hours」とか。







不思議と、俺が好きになるミュージシャンのルーツに



David Bowie がいることもかなり多い。



その辺は何かつながってるんだろうなと。











あとは、




David Bowie に限らず



正直に音楽やってる



音楽に嘘ついてない人が



俺は好きであります。










そういう意味でも



uqularihiは好きであります(笑)。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。